神奈川県秦野市でIT起業ブログ

神奈川県秦野市でIT企業を起業するブログです。WEBやSEO、アプリ開発。地元重視!

4月1日は自動車税の賦課期日。登録内容が現状に即しているか要チェック

3月の確定申告期間が終わり、ほっと一息ついたという方も多いであろうこの時期。税金が発生するタイミングというのはつい忘れがちになってしまい、催促が来てからあたふたとするのが、毎年恒例のこととなっている方が多いようだ。

法人であれ個人であれ、そろそろ気になってくる税金が、自動車税。この自動車税は車検の際に払う自動車重量税や、取得の際の自動車取得税などと異なり、自動車の所有者が毎年払わなくてはならない面倒臭い税。

賦課期日が4月1日。つまり4月1日時点で運輸支局に登録されている自動車について課税がされる。支払い期限については5月中。納付書も5月中に送られてくる。

運輸支局への登録がベースとなるので、自動車を廃車や売却した場合に、抹消登録や名義変更を行っていないと、納税義務が残ったままになる。4月1日までにこの辺りをクリアにしておかないと、後から変更しても手遅れということになるから注意。

秦野市の場合、管轄運輸支局は平塚の湘南自動車検査登録事務所。まあ、湘南ナンバーでおなじみ。自動車の所有者ということは前提なので全く問題はないだろうが、鉄道駅から歩ける距離ではないのでそこも注意だ。

なお、軽自動車・二輪・原付の場合は軽自動車税という税になる。大体の概要は同じ。自転車については課税されない。当たり前のように感じられるかもしれないが、実は1958年までは自転車税があったらしい。

自動車税の仕訳は普通に租税公課

広告を非表示にする